タイで象に乗ったら、象使いのように背中に乗せてくれたよ

投稿者: | 2014年1月6日
スポンサード リンク

タイ象乗り

会社によって様々な特徴の違いがある象乗り施設

タイに来たら妻の要望であった象乗り体験に行くことになりました。しかし、まさかのブッキングミスで象乗り体験オプショナルツアーを回も行くことに。まじかよー、と最初は思ってたのですが、回とも同じ施設じゃなく、別々の場所での体験だったのが唯一の救い。

けど、これによりどこで乗っても同じだと思っていた象乗り体験が、会社が変わると色々と内容サービスが違うんだと実感。

オプショナルツアーで行った施設は

どちらも象乗り体験だけじゃなく、カヌーバギーといったアクティビティも楽しめるようです。

せっかくなのでどこら辺が違ったのかを紹介したいと思います。

『Island Safari Tour』象に踏まれる象体験

タイ_象乗り01

象乗りだけじゃなく、象のショーや、猿のショー水牛に乗れたり、ドクターフィッシュを体験できたりと割りかしなんでも詰め放題的な体験施設

タイ_象乗り02

象乗り場からの眺め、この場所で順番待ち

タイ_象乗り03

いよいよ、僕の出番

タイ_象乗り04

二人乗りで一人ずつ乗り込みます

タイ_象乗り05

象の上からはこんな感じ、結構高いね

タイ_象乗り

沼地を難無く突き進みます!

タイ_象乗り10

乗ってる所はこんな感じ。遠くから写真撮ってもらいたいな。

タイ_象乗り07

途中、象の水浴び休憩があり、乗っている象はシャワーのみでしたけど、観光客の乗ってない象は池に飛び込み

タイ_象乗り09

ザブーンと沈んでいきます

タイ_象乗り08

むしろそのまま浸かってしまって象使いもビックリ、焦ってるww

タイ_象乗り11

象乗りが終わったら、象のショーを鑑賞

タイ_象乗り12

観光客がキーパー役でPK戦

タイ_象乗り13

なんと象に踏まれる(題目は象のマッサージらしい)ことが出来ちゃいます。しかもこれ、お客の立候補制で早いもの順で数十人くらい体験できるので、前の方座っていれば、ほぼ間違いなく参加できます。

タイ_象乗り14

後はやっつけ仕事の猿のショーを見て、やる気のない水牛乗りを体験して初のドクターフィッシュを経験して終了しました。

『Amazing Bukit Safari』マイデジカメで象に乗ってるとこ撮ってくれた

ここの施設は他の動物はいなくて、象のみの象オンリー施設でした。同じ象のショーはあるものの、子象のショーでした。をあげたり、子象と写真が撮れたり、象使いの兄ちゃんがこっそり写真を撮ってくれたりと、象との思い出を写真に残したいという方にはピッタリの施設でありました。

タイ_象乗り15

象乗り場からの風景、なんかこっちはジャングル感あり

タイ_象乗り17

兄ちゃんにチップを寄越せば自分のデジカメで写真撮ってくれる。ただ、施設に帰っても誰にも言わないことを条件にしてました。いやでも自分のデジカメで撮れるって嬉しいね。400バーツ払って良くありがちな思い出アルバム買っても高いだけだし、今の時代、デジタルに残したいですしね。

タイ_象乗り18

そして、なんと頭?いや背中に直で乗せてくれました。これはビックリ。でもホームページ見たら、正式なオプションらしい。

タイ_象乗り20

僕の番、中々良い写真になってます。こういう時、妻と2人の写真より1人の写真が欲しいと思うのは決して僕だけじゃないはず。

タイ_象乗り21

意外とバランスが悪く、特に下り坂とか怖い。象使いすげー

タイ_象乗り24

最後に子象のショータイム

タイ_象乗り23

ハーモニカの演奏。器用だなー。かわいいなー。

タイ_象乗り25

二足立ち披露。子象すげー

タイ_象乗り26

散々、60バーツで売ってたバナナを無料であげれちゃいます(オプショナルツアーなので詳細は不明)

タイ_象乗り22

最後に子象と一緒に記念撮影。象が僕にキスしてきてくれます。くすぐったい。そして結構ざらついてるのね。

こんな感じで、同じプーケットにある象乗り体験施設ですが、会社によって善し悪しというか、特徴があるのだなぁと感じた1日でありました。

Island Safari Tour → ホームページを見る

Amazing Bukit Safari → Facebookファンページを見る


友だち追加数



スポンサード リンク

コメントをする

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。