1万円以下で手に入るSHURE SE215のイヤホンがコスパも音質も含めて最高

投稿者: | 2013年12月14日
スポンサード リンク

今使っているイヤホンなのですが、知人に勧めらててSHUREのSE215を使っています。ライブのイヤモニのために3年前に買ったのですが、これがもうほんと音が良くてオススメです!やっぱ高い値段出して買うイヤホンって音質いいんだなぁと思うくらい。

高いといってもamazonとかで約9,000円くらいで売られているので、手が出しやすい価格設定になっていて、エントリーモデルとしてはそこそこ最適な値段じゃないかと。

iphoneに付いてくるイヤホンも中々いい音出してるけど、これ使ったらもう戻れないくらい音がいいんです。実際聞き比べてみると今まで聞こえなかった、楽器の音とか聞こえちゃって、1万円出してお釣りがきて、このが聞けるのならむしろ安いくらい。

SHURE SE215 主な機能

遮音性デザインにより、周囲のノイズを90%以上低減
ダイナミック型MicroDriver搭載で、温かみのあるディテールサウンドと強化された低音を提供
曲がり具合を保持するワイヤー付き着脱式ケーブルと付属アクセサリーによる確実で快適なフィット
周波数特性: 22 Hz~17.5 kHz

SHUREホームページ→イヤホン SE215

僕的な SE215 のメリット

  • 音がいい、低音中高音すごい(あんまり、音質には詳しくないけど大体の人に聞かせてみたら良いと言われている)
  • コードが割りかし太いのでぐちゃぐちゃにならない
  • 耳に掛けるタイプなので外れにくい、いや外れないと言った方が正しい
  • ケーブルが165cmと長いので、カバンに入れたまま動き回れてたり、ズボンのポケットに入れたままでも用を足す事ができます(使ってみるとこのくらい長さがあった方が結構イヤホンは使いやすい)
  • 遮音性がたかい
  • 1万円以下と安い、ちょっと良いイヤホンを買う時のエントリーモデルとしても最適。コスパ最高

※ SE215 Special Editionと言った周波数の広い特別バージョンがあるがこちらはケーブル長が115cmと短い

SHURE イヤホン レビュー01

付属品

イヤホン、キャリングポーチ、説明書、交換用イヤパッドが付いています。

実際このイヤホンを入れるキャリングポーチが非常に重宝します。バッグの中に入れるときとか、家の中の棚に置いておくときとか、とにかくイヤホンがバッグの中でとんでもない事になってるのを防ぐ役割もします。何かにグルグル巻いてると断線したりする可能性もありますしね。

SHURE イヤホン レビュー02

イヤホン本体

SHURE イヤホン レビュー04

実はこの部分が外れて、別売りの電話も出来るマイク付きのケーブルとかに繋げる事も出来ます。もちろん、なんかの拍子で、断線したらケーブルだけ買えば、再び使用できます。

SHURE イヤホン レビュー05

どうやって耳に付けるの? て形してますがこれが左耳用

SHURE イヤホン レビュー06

このように、耳にコードを掛けて使用する仕様になっています。これがまた安定するので、走ったりでんぐり返ししたりしても外れにくいです。また、僕もなのですが耳の穴がデカいのか、形が変なのか、耳からイヤホンが外れやすいという人にもオススメです。

SHURE イヤホン レビュー07

絡まない、断線しないケーブルの巻き方

キャリングポーチに入れるときは断線しないように奇麗にまとめる必要があります。これやるだけでも、だいぶイヤホンの寿命伸びます。

まず1周目は一般的に巻きます

SHURE イヤホン レビュー08

2周目は逆手に巻きます(説明が難しい)今右手に持っているコードを親指を左向きに少しねじります。

SHURE イヤホン レビュー09

そうすると、こんな感じになります。

SHURE イヤホン レビュー10

つぎはこんな感じ

SHURE イヤホン レビュー11

この2周で1セット。これをひたすら繰り返していきます。

SHURE イヤホン レビュー12

巻き終わりました。後はこのままキャリングポーチにいれて持ち運びます。

SHURE イヤホン レビュー15

他のイヤホンをあまり知らないけど、このイヤホンはほんと値段の割には良い音出します。ビックカメラとかにも置いてあるので、是非一度視聴してみてほしいくらいオススメできます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。