【根三つ葉レシピ】香りが強い!根みつばお浸し!

投稿者: | 2014年3月3日
スポンサード リンク

正月のお雑煮には欠かせない三つ葉ですが、実は種類が3種類あります。

  • 糸みつば:水耕栽培で年に数回収穫でき安価に出回る。スーパーで売られているのが大体これ。
  • 切みつば:土耕栽培、遮光した場所で育て、柔らかく作ったもの。収穫前に軽く日光を当て、緑化させる。香りと柔らかさがある。関西はあまり使わない。
  • 根みつば:土耕栽培で土寄せをし、大きく肥大させたもの。天然物もあり、香りや柔らかさがあり、食感も楽しめる。

根みつばレシピ / 香りが強い!根みつばお浸し!

  1. 根みつばの根元から一個目の節の上の部分で切り取ります。
  2. 食べやすい大きさにカット
  3. 根みつばをざるにあげ、熱湯を数秒かけます。
  4. 水気を切り、器に盛り完成

根三つ葉お浸し1

根元の節目から少し上の方を切り取ります。(別にもっと根元から切っても良いんだけど、根を水に付けた時にまた収穫しやすくするため)

根三つ葉お浸し2-3

根みつばの節目から少し上を切り取ります。

根三つ葉お浸し3

食べやすい大きさ4cmくらいにカットした。

根三つ葉お浸し4

根みつばをザルにあげ、熱湯を数秒かけます。お浸しじゃなく、サラダとして食べたいなら、この工程は省く。

根三つ葉お浸し5

後は、好みの具材と混ぜたりして、かつお節とポン酢で美味しく食しました。

根三つ葉お浸し6

残った根の部分は、コップに水を入れて浸けておくと、また新たに目が出て収穫できるので、お吸い物や、茶碗蒸しなどに再利用できます。

根三つ葉お浸し7

 

水に浸けて一週間目の根みつば。だいぶ伸びてきた。もう少ししたら、収穫できそう♪

根みつば111


友だち追加数



スポンサード リンク

コメントをする

Comments