【梅レシピ】梅シロップで幸せドロップ

投稿者: | 2014年6月16日
スポンサード リンク

都内に住んでいると、やはりこの6月の時期がジメジメとして過ごしにくい。多分誰しもが嫌いな季節だと個人的に思っている。梅の雨と書いて梅雨と読む。すなわち梅雨は梅が熟す時期でもあるのです。

熟した『梅』を梅酒にしたり、梅シロップ、梅干しを作って美味しく食べると考えると、梅雨もまた楽しみで待ち遠しい季節と感じるのではないでしょうか?

【梅レシピ】梅シロップで幸せドロップ

  • 青梅か南高梅 1キロ
  • 氷砂糖    1キロ
  1. 梅を水洗いしてヘタの部分を竹串などで取り除く。
  2. タオルで梅の水気を拭く。
  3. ジップロックなどに入れ、一度冷凍する。
  4. 冷凍し終えたら、梅と氷砂糖を保存瓶に交互に入れていく。
  5. 冷暗所に保存し、毎日瓶を揺らしかき混ぜ、一ヶ月くらいしたら完成。

今回は紅南高を2キロ用意した。梅の瓶が5Lなのでこのくらいの量がちょうど瓶いっぱいに収まる梅の量。

梅シロップ01

南高梅のサイズは3Lという特大サイズ。この大きさで25玉くらいでちょうど1キロ。

梅シロップ03

梅を水で洗います。

梅シロップ02

ヘタは苦味の原因にもなるし後で濾さなければならなくなるので、一玉一玉全て取り除く。

梅シロップ04

爪楊枝や竹串を使って丁寧に取っていきます。

梅シロップ05

後は、梅の表面にが水で濡れているのでタオルで拭きます。

梅シロップ06

ジップロックに入れます。

梅シロップ07

一度冷凍庫へ。こうすることにより梅の繊維が壊れて、早く梅シロップが出来るのだとか。でも実際この凍らすという工程はしなくてもOKです。

梅シロップ08

氷砂糖を用意します。(グラニュー糖でもおk)

梅シロップ09

梅シロップの保存容器

保存瓶を用意します。梅といったらやはりこれが定番、アデリアの梅グラス。使う前に、熱湯で消毒、日光に当てて殺菌します。

梅シロップ10

梅を瓶の底に敷き詰めます。

梅シロップ11

続いて、氷砂糖を敷き詰めます。

梅シロップ12

梅と氷砂糖を交互に敷き詰め完成です。

梅シロップ13

横から見るとこんな感じ。

梅シロップ14

ぎっしり詰めたので、冷暗所に置いて保存します。

梅シロップ16

一晩経った

一晩経っただけで、少し梅の水分が出て、氷砂糖がちょっと溶け出している様子。

梅シロップ19

毎日、瓶を揺らしてこのまま一ヶ月間くらいたったら完成です。

梅シロップ20

後はこのまま一ヶ月経って梅シロップが完成したら、この記事に追記していこうと思

っている。

出来上がった梅シロップは、水や炭酸で割ると美味しい梅ジュースが出来上がります。それだけでなくかき氷のシロップや焼酎割、牛乳割りなど色々使える美味しい調味料ともなるのである。

余った梅はジップロックで

余った梅は、瓶ではなくジップロックに氷砂糖と一緒に入れて、少量の梅シロップを作っても良いです。

梅シロップ17

梅シロップ18

梅シロップの道具

・アデリアの貯蔵ビン

梅シロップに限らず、梅酒を作るのにも使うアデリアの梅ビン。色々なサイズがあるが5Lのサイズが色々と使いやすい。


友だち追加数



スポンサード リンク

コメントをする

Comments