【バターナッツレシピ】裏ごし不要!オーブン不要!フライパンプリン!

投稿者: | 2014年1月8日
スポンサード リンク

バターナッツと言われる南瓜を手に入れたんですが、これがまたすごい奇怪な形をしておりまして、まるでヒョウタンの様な形をしていて、まるで男性のナニを想像させるようなその立ち振る舞いからは全く美味しそうではありません。

でもこの南瓜、普通の南瓜と違い、繊維が少なくスーププリンといった料理に向いています。また、ココナッツのような香りというか、甘さと例えれば良いのか、まるで味の濃い人参みたいな感じと僕は感じています。色が奇麗なので炒めものなどの彩りとして加えてみても美味しいと思います。ただ、甘いのでバターとかと炒めるとあまり美味しくない。

バターナッツレシピ ミキサーとお鍋でカボチャプリン

  • バターナッツかぼちゃ 400gくらい
  • 牛乳 200ml
  • 生クリーム 100ml
  • 卵 3〜4個
  • 砂糖 大さじ 2
  1. バターナッツの皮を剥き、細かく切り、電子レンジで温める
  2. バターナッツ・牛乳・生クリームをミキサーで混ぜる
  3. 卵、砂糖を入れ再びミキサーで混ぜる
  4. 混ぜ合わせた物はボール等に入れておく
  5. 鍋に水を張り、沸騰させる
  6. ボールを入れ、弱火にして30分ほど煮込む
  7. 適度に固まってきたら、粗熱を取り、冷蔵庫で冷やして出来上がり

バターナッツプリン01

まず奇怪な形のバターナッツを縦半分にカット。なるほどね下の膨らんでいる部分は種が入っていて上の部分は全部食味できる部分なのね。

バターナッツプリン02

種部分アップ写真。

バターナッツプリン03

上の部分。うわぁーそれにしても奇麗な色だなぁー

バターナッツプリン04

厚い皮を剥きます

バターナッツプリン05

断面はこんな感じ。なんか人参みたい。

バターナッツプリン06

適当に切り分けます。ますます人参ぽくなってきた

バターナッツプリン07

電子レンジで3分ほど暖めます(500w)

バターナッツプリン08

暖め終わったとこ。お、何か良い匂い。あんまカボチャぽくない。食べた感じも濃い人参みたいな感じ

バターナッツプリン09

久しぶりの登場。我が家の最終兵器『クイジナート』で粉砕します。

バターナッツプリン10

わずか10秒でこの有様

バターナッツプリン11

牛乳・生クリームを入れて再びミキサーにかけます。

バターナッツプリン12

おお!すごいこの量溢れずに持ちこたえています。こういう時ミキサーはでっかいの買っといて良かったと思う。

バターナッツプリン14

卵を3個くらい入れます。実際固まらなくて、後から1個(計4個)を追加した

バターナッツプリン15

卵・砂糖を入れて再び混ぜます。

バターナッツプリン16

すんごいことになってるけど漏れてません!!

バターナッツプリン17

これでプリンの生地作り完了。後は熱を加えて冷ますだけ。

バターナッツプリン18

ボール等の入れ物に移します

バターナッツプリン19

フライパンに水を沸騰させます。鍋でも代用可

バターナッツプリン21

プリン生地を乗っけて

バターナッツプリン22

蓋をします。蒸すようにやった方がいいと聞いたので蓋にタオルを巻きました

バターナッツプリン23

弱火〜中火で火加減見ながらで30分煮込み。できたのがこんな感じ。

バターナッツプリン24

オタマで押すと

バターナッツプリン25

こんな感じの弾力。固まっております。ゼラチンを使ってないので、冷やしたとこであんま固まりません。これより緩く、液状でしたら、卵を加えてまた煮込みましょう。

バターナッツプリン26

冷蔵庫に入れて一晩待ちます

バターナッツプリン20

一晩たったのがこんな感じ少し固まる程度

バターナッツプリン27

オタマですくい

バターナッツプリン28

お皿に盛って完成です!アイスみたい!美味しく食しました。

バターナッツプリン29

プリンはどうして固まるの?

実はプリン作るのって初めてだったんですが、レシピを見ててふと疑問に思っていたのですが、プリンてゼラチンで固めるんじゃないんですね。むしろ、なんでプリンって固まるの?て疑問に思ったので調べました。

大体水分が固まるには一般的にはゼラチンを連想します。ゼラチンは主に冷やすと固まる性質があります。肉や魚の煮汁などが固まるのは、コラーゲンが溶け出しゼラチンに変わるからだそうです。

逆に暖めると固まる性質があるのは、タンパク質の成分がそれにあたります。分子同士が結合し水分を網目状のように囲い込むから、プリンは出来るわけですね。

熱を加えすぎると良くないプリン作り

卵が固まる温度って白身と黄身で違うのですが、約65℃から固まり始め、80℃あたりでしっかりと固まります。しかし、それを超えて熱を加えすぎると、水分が蒸発、タンパク質の網で捕まえてた水分がどんどん出て行き、『』が出る。すなわち穴だらけになり、逆に固まっていた物がぼろぼろになってしまうわけですね。

だからプリンは低温(80℃前後)で作るのだ!


友だち追加数



スポンサード リンク

コメントをする

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。