【赤みずレシピ】叩いて叩いてトントントン

投稿者: | 2014年5月24日
スポンサード リンク

5月にになると旬を迎えるウワバミソウ(赤みず)。こういった山菜系は実際どうやって調理したらいいのか分かりまんって感じにはなってしまいますが、ちゃんと料理すればそれはそれでとても美味しいオカズになるんですよね。

【赤みずレシピ】叩いて叩いてトントントン

赤みずの食べ方といえばミズタタキといって、グチャグチャになるくらいミズを叩いて、醤油や味噌などと和えて食べるのが一般的。白いご飯の美味しオカズとなること間違いなし。

  • 赤みずの葉を取り除き、茎だけにします。
  • お湯で湯がき鮮やかな緑色にします。
  • 赤みずを木の棒などで叩いてグチャグチャにします。
  • すり鉢で味噌と混ぜ、さらにすりこぎます。
  • だし汁を足し、好みの柔らかさにして完成。

赤みずレシピ01

赤みずの葉を取り除きます。葉は天ぷらや炒めものなどに使っても良いです。 赤みずレシピ02

赤みずの茎を色が緑い色になるまで湯がきます。 赤みずレシピ03

緑色に茹で上がったら、ザルにあげ、冷水で冷まします。 赤みずレシピ04

適当な長さに切ります 赤みずレシピ08

後は、包丁で叩きグチャグチャにします。この時、袋などに入れてこん棒などで叩いたほうが本当はやりやすいです。 赤みずレシピ09

ある程度、叩いたら、さらにみじん切りにするように細かく刻みます。 赤みずレシピ12

5月の時期に出始める山椒の実を用意します。   赤みずレシピ10

すり鉢で摩り下ろします。んーーいい匂いがしますね。 赤みずレシピ11

叩いた赤みずと味噌を加え、さらにすりこぎます。 赤みずレシピ13

結構グチャグチャになるくらいよーーーーく、すりこぎます。 赤みずレシピ14

好みによりますが、出汁汁を適量入れます。 赤みずレシピ15

こんな感じでほとんど完了。ちょっと出汁をいれすぎて、水っぽくなりすぎた。。。 赤みずレシピ16

こんな感じで出来上がり。山椒の香りと、赤みずの味がまさしくベストマッチング。 赤みずレシピ18

そのまま食べても構いませんが、ご飯などに掛けて食べればそれはもうとても美味しいごはんですよって感じで美味しく食しました。 赤みずレシピ19

赤みずの葉を食べる

摘んでしまった赤みずの葉ですが、食べることも出来ます。特別美味しいわけではないですが、天ぷらや味噌汁の具、炒めものなどに使ってもおkです。

DSC02324


友だち追加数



スポンサード リンク

コメントをする

Comments