ついついどこかに貼りたくなる。twitterアイコンのオリジナルステッカーをプリンテイル(PRINTAIL)で自作してみた!

投稿者: | 2014年3月6日
スポンサード リンク

名刺・ポストカード・アイコンシール等の印刷〜製本の事なら
PRINTAIL(プリンテイル)にお任せ!

PRINTAIL

最近自分のMacBookAirに貼るステッカーを探すのが趣味になりつつあるNAKAOJIです。はてなブとかEVERNOTEとかウェブサービスを中心にステッカーを探していた時にたまたま見つけたのが、名刺の印刷、ポストカード、フライヤー製作などを請け負う業者『プリンテイル(PRINTAIL)』

プリンテイル(PRINTAIL) → ホームページを見る

プリンテイル02

自分だけのオリジナルステッカーを作ろう

プリンテイル(PRINTAIL)の商品でTAシールコースというのがあり、自分のtwitterアイコンの 15 × 15 mm の小さいシールを製作してくれるというサービスだ。ステッカーの種類は2種類『スーパーキャストシール紙』という普通のシール紙と、『フィルム(白色)』という耐久性が高く色落ちがしにくいシールが用意されている。

注文部数はA6サイズ(3枚×40個)or 名刺サイズ(8枚×15個)から。100円程度払えば枚数を追加できる仕組み。支払いは銀行振込だけど、送料込みでステッカーが手に入る。

  • スーパーキャストシール紙  980円(120枚)
  • フィルム(白色)       1,200円(120枚)

また、「TAシールコース アイコンシールキャンペーン」を開催しており、twitter上でつぶやくと毎週3名様にアイコンシール30枚分が当たるキャンペーンもやっています(スーパーキャストシール紙の名刺サイズ2枚×15個、期間は不明)

参考 →プリンテイル(PRINTAIL)>TAシールコース

参考 → TAシールコース アイコンシールキャンペーン

プリンテイル01

2種類のステッカーの違い

こちらがスーパーキャストシール紙、耐久性は低く、色落ちがしやすいらしい。

プリンテイル04

フィルム(白色)は色落ちがしにくく、耐久性が高いらしい。光の反射も印刷面のみ

プリンテイル03

並べて見た感じ。左がフィルム、右がスーパーキャスト紙。見た目の違いはさほどなし。むしろ、よく見ないとわからない。

プリンテイル05

プリンテイル(PRINTAIL)のtwitterステッカー貼ってみた

モレスキンのミニ手帳 と PILOT水性ボールペン『Vコーン』

Amazonランキング1位!100円で買えてものすごく書きやすいボールペン。PILOTパイロット水性ボールペン『Vコーン』を買った。| NAKAOJI.NET

プリンテイル06

kindle paper whiteに貼ってみた。

プリンテイル07

AC電源タップに貼ってみた。大抵、みんなで旅行に行く時とか、みんなこれ持ってくるから、こういった同じ持ち物を見分けるのにすごく便利。また誰かが失くしたのに、間違って僕の持ち物を持ってかれるのを防ぐ効果もアリ。

プリンテイル08

水筒にも貼ってみた。なんかもうシール貼りたいだけの子供みたいになってきた。

業界No.1 タイガー魔法瓶のステンレスボトル『夢重力ボトル』がものすごく軽くて小さくてオススメ |NAKAOJI.NET

プリンテイル09

iPhone5sにも貼ってみた。これ落としたら、「iPhoneを探す」しなくても、きっと親切な人がtwitterで連絡して来てくれそうな予感、でも絶対やりたくない。

プリンテイル11

とりあえず、一番高いフィルム紙で発注してもシールの一枚単価は10円で作れて、追加の部数を発注すれば限りなく数円程度の価格で作れちゃうわけである。(振込金は別途要)

とりあえず作るだけ作っちゃって、自分の名刺に貼ってみたり、年賀状に貼ってみたりと用途は探せばいくらでも見つかるって感じ。単価も安いので、無駄遣いできるというのもうれしい。

ホームページ > お手軽 簡単 印刷ならPRINTAIL(プリンテイル)


友だち追加数



スポンサード リンク

コメントをする

Comments