「日本通信 スマホ電話SIMフリーData」の通信速度200kbpsは贅沢しなければ充分使える速度だった

投稿者: | 2014年1月26日
スポンサード リンク

main_FDtop

アップルから『SIMフリー iPhone5s,c』が発売され、日本通信b-mobileから『スマホ電話SIM フリーData』が発売され、キャリアの複雑な料金設定に嫌気が差し、ついにSIMフリーiPhone5sにMNP(番号ポータビリティ)を決意したnakaojiです。なんてゆーか、初期費用は掛かりましたが、MVNOの明朗会計っぷり、いわゆる「月額いくら?使った分は払いましょう」的な料金体系がすこぶる気に入っております。

iPhone5sを日本通信b-mobileの『スマホ電話SIM』でMNPしたら携帯料金が月額1500円程になってお得 | NAKAOJI.NET

スマホ電話SIM

スマホ電話SIM フリーDataの対応エリア安心感

さて、日本通信 スマホ電話SIMを使っていて1番のメリットはドコモの「XI」「FOMA」エリア で繋がること、しかも無制限なので、なんかそれだけでもう無敵になったんじゃないかっていう感覚。ただ、3G高速データオプションを付けずに安く利用するとすると200kbpsの速度までしかデータ通信できません → でも使い放題。

そこで問題なのが200kbpsというのがどのくらいの速度かということ。よくキャリアの7G通信速度制限がかかり、遅くなりすぎて全く使えないというのを耳にしますが、その速度が128kbpsになります。まぁそれに比べれば2倍弱の早さが出るということになります。

参考:日本通信b-mobile | スマホ電話SIM フリーData

インターネットやグーグルマップはかなり重かったけどLINE,twitterなどはほぼwifi接続時と同様に使え、案外思ってたより使えたわけである(速度が約190kbpsのほぼ最高速度なので、これより遅いときもある)

日本通信b-mobile スマホ電話SIM 200kbpsで出来ること まとめ

この他にも、他のアプリを使ってみたのですが、ほぼ問題なくwifi同様に使えたアプリがSBI株取引、Oh!FX、住信SBIネット銀行、メールなどの文字系のアプリ。逆に使えなかったのが、LINEの無料電話、SMARTalk(通話はできるが、声が送れて会話がしづらいため)

だいたいまとめてみるとこんな感じになる。

問題なく使える(wifi接続時とほぼ同様のサクサク感)

  • Eメールのやりとり(文字のみ、画像を送受信は数分かかる)
  • LINEのメッセ
  • twitter(画像の表示等は少し時間かかる)
  • Facebook等のSNS(見るだけ、画像表示等は少し時間かかる)
  • EVERNOTE(画像同期は少し時間かかる)
  • ネット銀行、株・FX取引といった金融関係(住信SBIで検証)
  • 文字情報ベースのアプリ

使えるんだけど時間が掛かる(まぁいっかレベル)

  • safariのネットサーフィン(読み込みに時間が掛かる)
  • Google Maps(読み込みは遅い。読み込んでしまえばサクサク)
  • オークション系アプリ(出品は厳しいかも)
  • Dropboxの送受信
  • 産經新聞(1枚読み込むのに20秒程度。後はキャッシュで動く)
  • ウェザーニュース/weathernewsの天気予報

使えるというか全くダメ

  • LINE,Skype,SMARTalk,050plusといったIP電話(繋がるんだけど、時差が5秒くらい。ISSとの衛星電話状態でよければ話せます)
  • YouTube,Huluといった動画ストリーミング(観れるんだけダウンロード遅いし、モバイル用に最適化されたガビガビ状態、HDで観れない)

まとめ

あまり速度が出ないときはあるものの、案外使えるねと言うのが正直な感想。もしかしたら、この安さでこの速度なら充分満足ですという人も中にはいるかも。ちょっと物足りないという人は、月毎に3G高速データ通信オプションを付けられるので、使用頻度に合わせてオプションを臨機応変に変えられるのも、日本通信の魅力。2年縛りとかないしね。

ただ、基本的に下り(アップロード)は遅いので、同じアプリでも、

    • 観るだけといった受けて側なら使える。
    • 写真や動画をアップするという送り手は使えない。

といった感じになると思います。

僕は普段からモバイルwifiルーターを持ちあるいているので通信速度の遅さは影響しませんが、電池が切れたときとかに通信速度が遅くてもドコモエリアでネットが繋がるというだけで色々と助かるというか安心感があるということが日本通信b-mobile スマホ電話SIM フリーDataを使うメリットではないでしょうか?


友だち追加数



スポンサード リンク

コメントをする

Comments