アボカド栽培日記#6_根が伸びてきたので鉢に植え替えることにした

投稿者: | 2014年2月5日
スポンサード リンク

アボカド栽培を始めて約5ヶ月。根っこもだいぶ伸びてきたので、そろそろ土で育てた方が良いと思い、鉢に植え替えようかと思います。

アボカド栽培日記#1_アボガドの水耕栽培を始める | NAKAPOJI.NET

アボカドを土で育てる方法

用意した物はコレ

  • 5号鉢くらいの鉢植え(なるべく底が深いのが良い)
  • 軽石 2リットル
  • 赤玉土(小粒)2リットル

アボカドは水捌けの良い酸性の土で育てた方が良いと聞いたので、水捌けを良くする為に底に敷く軽石と、水捌けもよく酸性の性質を持つ赤玉土を用意しました。

アボカド栽培鉢植え1

今まで育てたアボカドは根がしっかりと伸びました。でも芽の方は中々伸びない。

アボカド栽培鉢植え2

まず始めに底に軽石に付いてきたネットを敷いて、軽石を1cmくらい敷き詰めます。

アボカド栽培鉢植え3

続いて赤玉土を軽石の隙間が埋まるように敷きます。

アボカド栽培鉢植え4

やんなくてもいいかもだけど、さらに軽石を数粒入れて、赤玉土を入れていきます。

アボカド栽培鉢植え5

アボカドの種を固定し、赤玉土を入れていきます。

アボカド栽培鉢植え6

たまに位置を調整しながら慎重に行います(後でやると最初からやり直さなきゃいけないから)アボカド種の場所は鉢植えの数センチ下になる場所に固定します。

アボカド栽培鉢植え7

種の下半分くらいが浸かるように赤玉土を敷き詰めたら完了です。このあと水をまんべんなく染み込ませ、水締めをし土を固定させます。水締めをして土が沈んだら、このときに土を増量します。

アボカド栽培鉢植え8

後は、土が乾いたら、水をやるの繰り返し。成長すれば、氷点下以下も過ごせるというのだけど、まだ若めなので、部屋の中で(5℃以上)が良いらしい。

このまま順調に育って、4月くらいに剪定できればいいなと思っている。


友だち追加数



スポンサード リンク

コメントをする

Comments