Apple IDも2段階認証を設定してセキュリティ強化してみた。

投稿者: | 2014年5月18日
スポンサード リンク

Hotmailの乗っ取り事件から、色々と自分のアカウントのセキュリティについて、もうちょっと考えていこうと思ったのでした。そんでもって、なるべく自分のウェブアカウントで2段階認証の設定ができるものは設定しちゃおうという考え。

Google,Hotmail,Evernote,Dropboxの2段階認証設定方法の記事
2段階認証でセキュリティを強化。アカウントの乗っ取りを防ごう! | NAKAOJI.NET

2段階認証設定時のスマホのメール設定方法の記事
2段階認証プロセスによってスマホでメールを受け取れなくなった時の対処法 | NAKAOJI.NET

Apple IDアカウント の2段階認証の設定方法

Appleid

モバイルアプリGoogle Authenticator がれば2段階認証の確認コードをいつでもどこでも確認出来るというチョー便利アプリですが、Apple ID にはそのサービスが導入されてないため、Appleのホームページで個別に設定する必要があります。

まず、My Apple ID のページにアクセスします。次はApple IDを管理をクリック。

2段階認証_Appleid1

ログインが完了したら、パスワードとセキュリティをクリック

2段階認証_Appleid3

2ステップ認証(2段階認証)の項目があるので、設定するをクリック。この作業を完了するとまた2〜3日後から設定できるようになりますという事(すぐには2段階認証を設定できない仕様らしい)

2段階認証_Appleid4

3日後に再びMy Apple IDにアクセスして、今までの工程を繰り返すと電話番号の入力が求められるようになります。

2段階認証_Appleid5

iPhoneにsmsで送られてきた確認コードを入力したら、完了。その後に復旧キー(バックアップコード)の確認を済ませたら完了です。これで、Apple IDの2段階認証の設定は完了。途中、2〜3日待たなければならないが、10分以内に終わる簡単な作業で済みますのでやっておきましょう。

また、設定する必要はありませんが、確認コードを送る電話番号を追加することもできるので、信頼できるデバイス(妻や恋人、または家族、会社用の携帯など)も設定しておくと、自分のiPhoneがない時にAppleアカウントを設定する時に便利です。

2段階認証_Appleid6


友だち追加数



スポンサード リンク

コメントをする

Comments